獣医学部進学セミナー

絶対に獣医になりたい!
その思いを実現するため
獣医学部進学セミナーは生まれました。
獣医学部を目指す仲間と共に学べる予備校です。
 06-7708-2786
お問い合わせ

獣医学科推薦・合格体験記

推薦 合格体験記 獣医.png

日大 獣医合格.png

Q.日大の志望理由書の作成(個別指導)について

自分だけで文を作成するよりも、添削していただくことによって説得力のある文になった。

自分では志望理由書に書けないと思っていた活動内容でも、個別指導によって文を構成できるような内容へと変換することができた。

 

Q.日大の学科試験対策について

数学で間違えた問題は動画での解説や早く解ける公式など教えていただいて、わかりやすかった。国語対策は慣用句や四字熟語の一覧冊子が通学時に使えて便利だった。

 

Q.オンライン合同面接会で良かったこと何ですか?

オンラインのため様々な人と面接会がしやすく、良い刺激を受けました。面接動画を見て自分や他の子の改善点や良い点を知れ、次の練習に活かせた。

また現役獣医学科の先輩が、面接会後のコメントを細かく書いてくださいました。実際に獣医学を学んでいる先輩からの視点や考え方はとても参考になりました。改善点だけではなく私が気が付かなかった良い点も教えてくださり、毎回モチベーションが上がり、面接に自信を持つことができました。とても感謝しています!

 

Q.獣医学部進学セミナーの推薦指導を受けてみてどうでしたか?

獣医学に関する本を読んだり、動画を見たことにより、知っておくべき知識を得られた。

獣医学部進学セミナーに入り、授業を受ける中で自分のなりたい獣医師像や考え方を改めて見つめ直し、面接でははっきりと思っていることを伝えることができた。

 

Q.後輩に向けて一言

私は一般入試に向けての模試では、私大獣医はEとD判定をさまよっていました。しかし獣進の推薦対策で第一志望の日本大学・生物資源学部・獣医学科に現役合格できました。

獣進は先生が親切で話しやすく授業も丁寧で獣医学科の推薦を受けるために必要な知識をたくさん得ることができます。

学科対策では早めに志望校にあった課題を解くので、書類・面接対策に集中できました。過去問も豊富なため、第一志望校だけではなく他大学の過去の面接内容も知れ、広い範囲から対策をすることができ、安心して本番に臨めました。獣医を目指すなら獣進がオススメです! 

 

麻布獣医合格.png

Q.推薦対策授業について?

麻布大学の獣医学科の推薦入試では、学科試験の過去問が開示されてないため、過去のデータが蓄積されている獣進の推薦指導はとても貴重でした。

獣進の個別指導をしている前田先生はとてもフレンドリーで授業外でも質問に答えてくれたり進路の相談にも乗ってくださりました。志望理由書も学科試験も面接も推薦指導を受ける前と受けた後では全く考え方が変わりました。志望理由書の指導では実験動物・産業動物・動物園動物・愛玩動物・野生動物の知識を学ぶことができ獣医学科で扱う動物を違った目線で見るようになりました。また今後の獣医師としての考え方も養うことができました。

オンライン面接会では元塾生で現獣医学生も参加していて、貴重なアドバイスを頂きました。回数を重ねるごとに自信に繋がっていきました。

部活もある中での受験勉強だったため、一般入試に向けた模試はなかなか伸びませんでした。麻布大学に合格できたのは獣進のおかげです。

 

Q.麻布の志望理由書の作成(個別指導)について

入塾後の早い段階で志望理由書の作成が始まりました。しかし最初に自分で書いた志望理由書は矛盾しているところや動物愛護寄りの考えが多く志望理由書の添削がなければ確実に面接で痛いところを突かれ焦っていたと思います。志望理由書の作成を早くから行うことで、余裕を持って準備を進めることができました。また志望理由書を書くためにより深い知識が必要であることを知り、動物に関する知識も能動的に学ぶことができました。これらが他の受験生との差につながったと思います。

私が志望した大学では、動物愛護の考えは控えた方が良いということだったので、個別指導では実験動物や産業動物など、なかなか身近に学ぶことのできないところを丁寧にわかりやすく教えていただきました。そのおかげで、動物の理解を当初とは違った視点で深めることができました。

 

Q.麻布の学科試験対策について

私は部活動が忙しい中での対策であったため、獣進が独自に作っている数学のテキストが本当に役立ちました。実際に試験直前にテキストで復習した数学の問題が入試本番でも出題されました。

私が受けた推薦入試は過去問がなかったのですが獣進には過去の塾生からの聞き取りをもとに作成した再現問題があり対策をすることができました。

 

Q.オンライン合同面接会について

他の塾生の意見も聞けて質問に対する答え方などたくさん参考になりました。また先輩や同じ受験生からアドバイスをもらうことで他の人が気になる点がよく分かり本番の前に改善できました。

また最後に同じ志望校の人達でやった集団面接はとても自信になり本番では落ち着いて自分をアピールすることができました。

山本先輩(麻布大学・獣医学科)

忙しい中麻布在学生としてたくさんのアドバイス本当にありがとうございました!

質問に真摯に答えてくださり参考になりました!特に面接では事前に会場がどのような感じか分かった状態で行けたので落ち着いて挑めました!

伊藤先輩(日本大学・獣医学科)・前田先輩(日本獣医生命科学大学・獣医学科)

忙しい中面接練習に参加しアドバイスを下さり本当にありがとうございました!

自信を持って面接を受けることができました!

 

Q.後輩に向けて一言

私立獣医学部の推薦入試は情報戦です。受験をし、身をもって実感しました。私は初め獣医学部専門の塾に入る気は全くなかったのですが推薦入試の過去のデータがあることを知りとりあえず話だけでも聞いておこうと思いオンライン相談会を軽い気持ちで申し込みました。今、入塾しようか迷っていたらとりあえず話を聞くだけでもとてもタメになると思います。志望理由書や学科試験など余裕を持って対策できるのでなるべく早めに入塾することをオススメします。私は獣進に入っていなかったら合格は夢のまた夢だったと思います。

 

酪農 獣医合格.png

Q.酪農学園大学の志望理由書の作成(個別指導)について

自分の生い立ちや性格などを先生と話しながら志望理由書を作っていったので、自分自身の感じたことや背景などを上手く志望理由書に反映できた。それにより自分の一番の良さや強みを詰め込んだものがかけたと思う。

初めに書いたものは構成に改善点が多かったが、何度も添削指導を受けたことで、綺麗な構成になっただけでなく他にはないような自分の強みとなるエピソードを入れた内容が書けた。

 

Q.オンライン合同面接会で良かったこと何ですか? 

他の獣医学科を受験する受験生の面接風景を見られること、そして数多くの面接練習を体験出来ること。他の人の面接を見ている際、自分の面接時と違い自然と客観視できるのでその人の良かった点を真似したいと思うようになり、逆に矛盾点や気になる点を自分はしないようにという意識を持てた。

面接練習を7回ほどしたおかげで、問われる質問への対策ができたことはもちろん本番での緊張を軽減させることが出来た。

 

Q.後輩に向けて一言

獣医学部の推薦入試で最も大切なことはどれだけ本番と同じような実践が積めるかだと思う。酪農学園の推薦入試では英文要約(200字)と小論文(600字)を60分で書くことが要求されるため試験時間が短く答案を書ききることが難しい。そのため、限られた時間の中で英文要約と小論文を同時にテストするなど、実践的な練習を積むことが重要である。獣進では、この点についても予想問題を作りテストをしてくるので最適だった。小論文と英文要約のそれぞれの詳しい指導に加えて、本番と同じようにテスト形式で予想問題を解くことが出来ることは大きな魅力である。

zoomを用いた面接練習は試験本番まで何度も行うことが出来るため面接の対策も進めやすかった。

 

日大合格 獣医.png

Q.日本大学の志望理由書の作成(個別指導)について

文章自体を書くことが得意でなかった私にとっては、個別指導で前田先生と志望理由書の基本となる部分を作れたことが大きかった。残りを自分で作っていけばよかったのでスラスラかけた。また前田先生は志望理由書のネタ探しが上手だったので助かった。

参考図書を読む中で、両親から聞いていたよりも、より獣医師のリアルな仕事についてイメージできた。また大学で何を学ぶのかについても理解できた。

 

Q.獣進の指導で良かったことは?

ラグビー部に所属しており、毎日遅くまで練習があったので、21:00の遅い時間に授業を設定してい推薦対策を受講することができたので良かった。部活と推薦対策の両立に対して理解があった。

また私は、入塾時にパンフレットに書いているSDGsについても知らなかったし、日大のアドミッションポリシーも読んでいなかった。こういった、当たり前のことについても指導してくれたので基礎からやることができた。

獣医学科で扱う動物についてのyoutube動画でも深い知識を得ることができ、いろんなことがわかった。こういった内容の積み重ねが、志望理由書作成や面接で話すことにつながった。

 

Q.日大の学科試験対策について

学科対策もばっちりできたので、国語と英語のミスだけですんだ。過去問もテスト形式でやっていたので焦ることもなかった。

 

Q.オンライン合同面接会で良かったこと何ですか?

オンライン面接については、遅い時間に設定してもらい全国の受験生と一緒に学べてよかった。10回くらいはやらないといけない。日大は面接が重視されているかどうかわらかないけど、やっておくべき。面接でも専門的な話をすることが多かったし、周りの受験生のレベルが高かったので、そこについていくことで自分自身も成長できた。オンラインだが本番と同じ緊張感がある。濃い時間だった。学校で知っている先生とやっても緊張感がないので、獣進の面接対策を受講して全国のライバルと一緒に勉強するのがベスト! 

 

酪農学園 獣医学科.png

Q.なぜ獣医学進学セミナーに入塾しようと思いましたか?

私自身は一般入試に向けて勉強を必死にしている中で、母から進められて獣医学部進学セミナーのHPを見た。酪農学園大学の獣医学科にどうしても入学したかったので、推薦入試も受験し進学のチャンスを増やそうと思った。

HPにあった酪農学園大学の推薦入試対策の動画を見て、酪農学園大学の英語要約の授業を専門的にやってくれていると知り入塾しようと思った。

 

Q.獣進の指導で良かったことは?

面接練習については、入塾前から過去の質問を調べて、質問に関する答えを自分で作っていたので面接は大丈夫かなと考えていた。しかし、実際に獣進の合同面接会をやってみると用意していたものでは歯が立たないことを知った。特に面接会の最初の頃は用意した答えを読むだけになってしまった。しかし5回目くらいからは、面接官との会話の中で自分自身の考えを伝えることができるようになった。最終的には10回ほど面接会に参加させてもらい入試本番では自信をもって面接に臨むことができた。

また小論と英文要約のテストはテスト時間60分で800字を書く必要があり時間との勝負だった。獣進では本番と同じ形式で小論と英語要約を60分でやるテストもあり、すごく本番に生きた。

 

Q.後輩に向けて一言

面接対策に向けて、自分自身で面接の答えを作っていくことも重要ですが本番と同じ形式で練習することが大切です。面接練習はやればやるほど自信になります。獣進のオンライン面接会を通じて練習することが一番です。また、獣進のオンライン面接会では、面接会後に現役の獣医学科の先輩から専門的なアドバイスを含めたコメントをもらうことができます。自信をもって面接を受けれるようにたくさん練習してください。

 

 

2021.01.22 Friday