獣医学部進学セミナー

絶対に獣医になりたい!
その思いを実現するため
獣医学部進学セミナーは生まれました。
獣医学部を目指す仲間と共に学べる予備校です。
 06-7708-2786
お問い合わせ

獣医学科・合格実績

合格実績2021_03_24.png

※3/10 麻布後期合格しました!

※3/11 日獣補欠繰り上がりました!

※3/12 岡山理科大学補欠繰り上がりました!

※3/19 岡山理科大学後期合格でました!

※3/20 鹿児島大学共同獣医学科合格しました!

麻布大学獣医合格

鹿児島大学合格.png

逆転合格.png

麻布合格.png

仕切り線 黒.png

合格体験記へ.png

日大 獣医合格.png 岡山理科大学 獣医.png 酪農学園 獣医学科.png
酪農 獣医合格.png 麻布獣医合格.png 日大合格 獣医.png

 合格者 インタビュー.png
推薦入試で日本獣医生命科学大学へ現役合格した受講生がロングインタビューに答えてくれました。

獣医学科 知った理由.png

日獣の推薦対策ができる塾をインターネットで探していて、その際に知りました。他の塾も含め何校か資料請求のメールを送り、オンライン相談会を通して自分のペースや日程、苦手にあった授業が受けられると感じ、獣進で学ぶことを決めました。

 

志望理由書の作成.png

獣医学部に合格するために必要なポイントを知れたことが一番大きかったです。

日本獣医生命科学大学の推薦入試では、志望理由書が大切ですが、志望理由書の質問が独特(得意,不得意教科を記入する欄があります)で学校で教わった方法だと書きにくく、最初は何を書けばいいか分からない状態でした。

獣進の個別指導では、まず自分の体験談を引き出すところから始めました。先生と話して、自分の強みを発見することができ、獣進の個別指導を通して獣医師に必要なスキルで自分が持っているものを引き出し、アピールできる推薦書を書くことが出来ました。

また、獣進で先生や日獣の先輩に話を聞いたり、獣医師関連の本を多く読んだりして知識を身につけることができたので、推薦書の将来の希望の欄も深く書くことができ、他の受験生との差別化が出来たと思います。

 

獣医 志望理由.png

私が先生からのアドバイスで特に記憶に残っているのは「科学的に分析する」という点です。そのアドバイスを受けてから、自分を客観的に見て論理的に書くことを大切にしました。

苦手科目を書く欄では自分がなぜ苦手なのか、どう改善したか、現状はどうかなど自己分析をしっかりすることが出来ました。

また、先生や先輩に気軽に質問できたので、自分の不安や疑問をすぐに解消でき、納得のいく推薦書が書けました。

 

獣医 推薦 学科.png

獣進のテキストは日獣対策がしっかりしているので、日獣の学科試験の再現問題をたくさん解いて対策することが出来ました。

日獣の学科試験は特に数学の出題範囲が独特です。学校で使っている問題集や模試の問題は正直、日獣ではあまり出題されなかったです。獣進では日獣対策のプリントを使うので変な回り道をせずに必要な部分を勉強出来ました。

また、日獣は学科試験よりも面接や推薦書、小論文が大切なので、余分な学科試験対策をする時間を面接などの対策に当てることができ、効率良く学習出来ました。

私が本番の学科試験で解いた問題も獣進のプリントで解いたことのある問題がほとんどだったので、本番は過度の焦りや不安もなく落ち着いて試験に挑み、問題は全て解くことが出来ました。

 

獣医 推薦 面接.png

オンライン合同面接会は本気で獣医師を目指す人と切磋琢磨できる時間だったので、自分の意見をより良いものにし、勉強する上でのモチベーションを上げることが出来ました。

学校では獣医関連のことで深い話は出来なかったし、どんな意見が良いのか分かりませんでした。そのため、オンライン合同面接会で他の人の意見を聞いて自分の知識を増やし深めることが出来たし、自分も他の受験生に負けられないなと思い、やる気に繋がりました。

私は始めオンラインや知らない人と話すことに不安がありましたが、今はオンライン合同面接会が出来て本当に良かったと思っています。毎回緊張感を持って行うことで本番の練習にもなりますし、このおかげで本番は緊張しましたが、緊張の中でも自分の伝えたいことを面接官に話すことが出来ました。

また、面接の過去質問や面接の予想質問をたくさん練習出来たので自分の話せる範囲がとても広がり、自分の予想してなかった質問でもある程度は対応できるようになりました。本番は自分のこれまでの練習を信じて、全ての質問に答えられました。

 

獣医 推薦 面接2.png

現役獣医学科の学生のみなさんにお世話になりました。特に大阪府立大学の田上さんが記憶に残っています。

私が合格できたのは田上さんの力があったからといえるくらいお世話になりました。面接の終了後に送られてくるアドバイスで田上さんはいつも的確でためになるアドバイスを沢山頂きました。自分がインターネットで調べられる範囲には限界があるので、田上さんを通じて今の獣医学科で学んでいることや自分で調べる際のキーワードを知ることができ、とても参考になりました。

田上さんを始め、多くの先輩が私たち受験生の面接練習に真剣に向き合ってくれたので、とても充実した面接練習が出来ました。また、日獣の先輩である前田さんと面接練習できたことは心強かったし、モチベーションアップに繋がりました。

 

獣医 推薦 対策 感想.png

私は日獣の模試の判定はいつもE判定だったし、約1ヶ月前に受けた英検2級に落ちるくらい英語が苦手でした。そんな私が日本獣医生命科学大学の獣医学科に合格できたのは、獣進の日獣対策がしっかりしていたからだと思います。獣医に関する本を沢山読んだり、合同面接会に参加したりして自分の視野を広げ、日獣の再現問題を解いたり、小論文や推薦書を書いたりして日獣で学びたいという思いが増しました。獣進に入ってからの日々はあっという間だったし、獣進に入って自分の将来像が見え、獣医師になりたいという気持ちがますます強くなりました。獣進で充分な対策が出来たので、当日はあまり緊張せず自分のベストを尽くすことが出来ました。獣進で頑張ってきて本当に良かったです。先生や先輩方、ありがとうございました。

受験生の皆さん、自分の今の成績で獣医師になりたいという夢を諦めずに獣進で成長する自分を信じてみてください。

皆さんの成長、そして夢が叶うことを祈っています。

 

また、合格者インタビューが完了したものから、随時更新していきます。

今年も圧倒的な合格力で獣医学科進学をサポートしています! 

再受験 合格の秘訣 獣医 柘植君4.png 

 

2021.08.02 Monday